«

»

12月 04

新規法人リスト作成方法

新規法人リストの作成についてご説明致します。

使用するソフトは、「ListA」と「ListooL」となります。

 

1.概要

ListAの「データベース検索」にて全く同じことを、今と将来とで実施。

そしてその差分をListooLにて取得します。

 

2.該当業種を全て取り出す (ListA

リスタメイン画面より、データーベース検索を選択します。

1-1

1-2

この画面より、新設法人で取り出したい業種と住所を指定します。

特にこだわりがないようであれば、業種は大分類より全て、住所は営業活動地域で良いです。

 

この場合、何十万件というリストを取得しますので、

リスタの契約において、無制限コースでない場合は、要注意です。

検索件数に上限がある場合は、細かく業種を指定すると良いです。

抽出したリストは大事に保管しておいて下さい。

 

3.同じことを繰り返す (ListA

1ヵ月後でも、3ヵ月後でも良いのですが、

2で実施したことと全く同じ内容で、再度リストを作成します。

業種と住所は必ず、2で実施したものと同じにして下さい。

 

そうしますと作成したリストの数が、

仮に1の作業では1,000件だったものが、2の作業では1,050件になっています。

50件分が増えていることになります。

この50件は、2と3を実施する間において増えた企業。

すなわち新規法人の可能性が高い企業となります。

 

4.新規法人のみを取り出す 差分実施 (ListooL

次に差分を抽出します。

そのために、青色の「ListooL」を使用します。

1-3

こちらのツールは、エクセルファイルを整理することが出来るツールです。

今回は、差分ファイルを抽出したいので、

リストをマッチする(マッチングツール)をクリックします。

1-4

そうするとこのような画面になりますので、

入力ファイル1に3の作業(最新取得分)で作成したファイル

入力ファイル2に2の作業(旧取得分)で作成したファイルを選択します。

 

その上で、処理選択より差分(1-2)を選び、

比較キーの行追加をクリックします。

ここで選択されたキーを元に差分抽出を実行します。

特にこだわりがなければ、ファイル1も2もTEL番号を選択します。

その上で、保存先を選択し、実行を押せば完成です。

 

 

不明点等ございましたら、ご遠慮なくお電話ください。

エコノス株式会社

TEL:06-6225-3125

Mail:info@econos.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>