«

»

7月 07

社員研修inシンガポール

どうも、エコノスの完山です。

この度、弊社は、社員研修として、従業員一同でこちらに行かせて頂きました!!

001

 

 

シンガポールです!!

弊社としては、海外リストの作成も視野に入れており、

そうした中で、ASEANの雄とも言えるシンガポールを

実際に肌で感じ、同時に外から日本を改めて見てみます。

 

シンガポールといえば、ビルの上に船が載っている

マリーナベイサンズホテル

017

 

もちろん、その船の上にものぼり、写真を撮ってきました。

021

 

 

また、シンガポールの夜景はこんな感じです。

005 006

シンガポールの勢いを間近で感じる程の綺麗さでした。

そしてこれでも、まだまだ発展を続けている町であり、

町のあちこちでは、どこかしこで工事をしていました。

 

宿泊施設は、歴史あるフラートンホテル

もともと郵便局だったものを改築したホテルです。

016  009

 

お食事は、これまた有名な「チリクラブ

研修前に、テレビ番組を見ていて、みんなが気になった食べ物です。

007

絶品でした! またこのソースをチャーハンにかけて食べるのも絶品でした!!

 

シンガポールを実際にたずねて、全員が感じたことは、

心にみんなが「余裕」を持っていること。

そして、前に進もうという力の強さです。

 

それは、中心部だけでなく地方もそうであり、

ビジネスマンや普通の人たちの誰しもが、

下を向くことなく、楽しそうに明るく前を見ていました。

全員がエネルギッシュで元気なのです!

 

英語がわからなくて、なんとか話そうとしてると、

暖かく歓迎してくれる姿勢が、シンガポールにはありました。

その姿勢は、町にゴミが一つも落ちていないことや、

空港をはじめとした施設でも如実に現れていました。

 

シンガポールを去り、日本に帰国した際、いやでもそうした違いを感じさせられました。

おもてなし文化があると言われていますが、シンガポールを経験した後だと、

まさに日本は、「井の中の蛙」状態だと感じます。

 

そうしたことを実際に感じとれた点においても、

非常に有意義な社員研修となりました。

 

004

 

 

2 comments

  1. ケイン

    完山様
    読ませていただきました。
    海外リスト、必ず需要はあると思います。
    英語(シングリッシユ)の壁はありますが、シンガポールの中堅企業向けに
    プレゼン資料を作ってみてはどうでしょうか?

    会社の業績UPの直結すると思いますよ。
    英訳等は気にせず、自分がシンガポールの中堅会社の経営者ならどんなツールを
    欲しがるか考えて作れば日本語でOKと思います。訳は何とでもなります。

    うまく行けば、彼らはマレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ、フイリピンの華僑の繋がりで仕事していますので、
    拡がりは早いと思います。

    シンガポールの感想、楽しく読ませていただきました。

    シンガポールで会社経営経験者の
    ケインより

  2. 完山

    ケイン様
    コメントを頂きありがとうございます。
    また、具体的なご提案を頂き、大変感謝申し上げます。

    自分の中で、英語は・・・といった苦手意識がございましたが、
    ケイン様のお言葉にもありますように、そうしたことは一旦置いておきまして、
    出来る限りのことを考えてみようかと存じます。

    日本という市場だけでなく、世界を意識いたします!
    貴重なご意見、ありがとうございます!

    エコノス株式会社
    完山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>